代官山カフェ・ランチ「カフェ・クラッセ代官山」

CONCEPT:カフェ・クラッセ代官山の想い

心和み笑顔になる心地よい空間をご提供したい

カフェ・クラッセ代官山では、「人と人とがつながり、笑顔がある居心地よいカフェ」を目指しています。

  • ・地域の食文化の提供と情報発信
  • ・学び(各種カルチャー)に関するイベント

など、カフェを通じて情報発信と交流を行い、お客様、スタッフが笑顔になる空間を作ります。

カフェ・クラッセ代官山が選ぶ“ニッポン”

カフェ・クラッセ代官山では、日本全国の逸品を発信します。

日本全国には、まだ知られていない“”うまいもの”が眠っています。

「まだ見ぬ全国の食や文化を紹介したい」そんな想いで、カフェ・クラッセ代官山では、地方の厳選食材をメニューに取り入れています。

美味しいものはみんなを笑顔にし、食材からの話しも広がります。

“地域の食文化の提供と情報発信”を行い、新しいカフェのスタイルを提案します。

CLASSEが選ぶ“ニッポン”MENU

  • ・ごはん(つや姫:山形県)
  • ・おちょこはん(鯵のほぐし身:静岡県/たらの子うま煮:石川県金沢市 / しらす:静岡県 / 温泉玉子:山形県米沢市 / 角煮まぶし:長崎県/焼き穴子:兵庫県 / 炒り玉子:山形県米沢市)
  • ・漁師の鯛茶漬け(熊本県天草市)
  • ・味噌汁(あおさ:熊本県天草市)
  • ・伝説のところてん(熊本県天草市)
  • ・あんみつ・クリームあんみつ(大阪府高槻市)

カルチャースペース

カフェ・クラッセ代官山では、カルチャースペースを提供しています。

教室という枠を越え、カフェという空間は、新たな学びの場所になると考えています。

“学び(各種カルチャー)に関するイベント”を通じたコミュニケーションによって、カフェとして、新しい役割を担うことができればとの想いです。学ぶことから得られる喜びが笑顔につながる空間を提供します。

<Work Shop Space>

店内奥のスペースに、ワークスショップペースを設けております。

→ 詳細(概要・お申込み)はこちら

カフェ・クラッセ代官山×書家・石原美歩

「心和み笑顔になる心地よい空間をご提供したい」そのカフェ・クラッセ代官山の想いを、一枚の書『笑』にして店内に飾ってあります。

揮毫していただいたのは、女流書家・石原美歩さん。

カフェ・クラッセ代官山が、学びや文化の情報発信となるべく、芸術にも触れ合える空間であってほしいと願いを込めた作品です。

<書家・石原美歩>

7歳から筆を持ち始める。田中常貴先生に師事。徹底的に古典の臨書を学ぶ。

海の神様・宮島の広島に生まれ、山の神様・富士山の山梨を拠点に活躍中。

書道界のアカデミー賞と称される毎日賞を2回受賞。

書道ガールズの指導、書道パフォーマンス、テレビやラジオの出演等、幅広く活動している。

  • 公益財団法人独立書人団審査会員
  • 財団法人毎日書道会会員
  • 徽墨会審査会員
  • 山梨書作家連盟会員
  • やまなし県民文化祭委嘱

→ WEB石原美歩公式サイト(http://www.ishiharamiho.jp/)